産業動物

表紙50年

産業動物とは?

   畜産業にかかわる動物のことを言います。日本では、牛・馬・豚・鶏等が主な動物です。
   これらの動物が病気に罹らないように動物の健康を守る獣医師が産業動物獣医師と呼ばれます。
   産業動物獣医師は、産業動物の健康を守るだけでなく、産業動物を飼育している農家の経営や人間の健康維持、食料としての畜産物の確保にも深く関わっています。

産業動物獣医師の仕事とは?

   産業動物の疾病の予防・治療及び安全で良質な畜産物の安定的な供給(畜産業の新興、食の安全確保、家畜の福祉)を担っています。

産業動物獣医師はどのような場所で働いているの?

家畜診療所

  自ら診療施設を開設するか、農業共済組合または農業協同組合等に勤務して、産業動物の診療やワクチン接種など伝染病予防の衛生指導をおこなっています。
妊娠鑑定
妊娠鑑定

家畜保健衛生所

  BSEや高病原性鳥インフルエンザ等の家畜伝染病や生産性に影響を及ぼす各種 疾病の検査・診断業務及び予防対策に従事しています。
鶏
家保検査風景

畜産技術研究所

  家畜の改良増殖に従事しています。
平成14年6月生まれ クローン金華豚 葵と千代 生後まもなく
核移植3
平成14年6月生まれ クローン金華豚葵と千代核移植
公益社団法人 静岡県獣医師会
〒420-0838
静岡県静岡市葵区相生町14番26-3号 
                   静岡県獣医畜産会館内
TEL.054-251-6035
FAX.054-254-4980
0
0
9
7
1
5